AGNES CHAN OFFICIAL SITE ~アグネス・チャン オフィシャルサイト


お問い合せ サイトマップ


    AGNES CHAN OFFICIAL SITE 〜アグネス・チャン オフィシャルサイト
NEWS/新着情報
DIARY/日記
LINK/リンク
AgnesChan Official Diary
講演会&コンサート情報 公職 日本ユニセフ大使としての活動 財団法人 日本対がん協会 ほほえみ大使 インターネット連載 学びの場.com いのち見つめて  CM 天神だからできたこと

日別アーカイブ: 2011年4月15日

被災地、山元町を訪ねて。

110415_154833.jpg 110415_145738.jpg 110415_153306.jpg 110415_142632.jpg 110415_142237.jpg 110415_110804.jpg

今日は山元町を訪ねました。

町のおよそ半分が津波の被害に遭い、沢山の尊い命が奪われました。

役場へ挨拶しに行きましたら、震災以後に立ち上がった「りんごラジオ」に飛び入り出演する事になりました。私が歌った「雨ニモマケズ」を流してくれました、役場にいた方は仕事を中断して、聞きながら涙、涙。

小学校や中学校の中に、何百人が避難していました。

一ヶ月以上の避難生活。「もう限界です」と言う方もいました。「ユニセフは子供達を支援していきます。要望があったら、避難所の本部を通して、連絡してください」と話しました。子育て中のお母さんの力になりたい。

悪条件のなでも子供達は無邪気に遊ぶ。「サインして」「一緒に写真撮って」と寄って来てくれます。もうすぐ学校が始まります。元気で安心して学校に通えるように、ユニセフは色んな面から支援しています。

「元気が出たよ」「来てくれて、ありがとう」と被災者の皆さんは抱き着いてくれたり、真剣に話しりしてくれました。みんなで泣いたり、笑ったり…。「津波は大きかったが、心はそれよりも大きい。めげずに行きましょう」と言うと拍手が起こりました。

皆さんの強さと優しさに感激しました。

4日間の宮城県の訪問、沢山の方と触れ合って、長期にわたる子供達を支援していくための貴重な意見を聞けました。これからも子供達に寄り添って活動を続けます。医療と保健、教育、保護の三本柱で活動を組み立てます。

今日は東京に戻ります。28日からは岩手県の被災地に行きます。

アグネス

南三陸と気仙沼から

110414_131938.jpg 110414_132606.jpg 110414_132209.jpg 110414_152543.jpg 110414_152304.jpg

今日は南三陸と気仙沼を訪ねました。

南三陸を襲った津波は里山を削り、海からかなり離れたところまで到達した跡が残っていました。石巻でも津波の破壊力にびっくりしましたが、今日はそれを上回る光景に唖然としました。

「毎月、津波訓練をやって来た。でもここまで大きな津波は想定出来なかった」と町長さんは悔し涙。

気仙沼では津波だけでなく、火事の災害もありました。荒れ果てた大地を目の前にして、絶望感に陥りそうになりました。

避難所や学校では沢山の方と触れ合った。言葉はいらない。見つめあうだけでお互いに涙ぐんでしまう…。

「元気でいてくれて、ありがとう〜」と言うと、さらに涙。

今日は子供達とも良く遊べました。キラキラと輝く瞳に未来の光を感じました。

沢山報告したい事がありますが、でも今日は原稿の締め切りもあるので、詳しい事は後日に書きますね。

被災者の子供達と家族が一日でも早く、安心して、生活が出来ます様に、日本ユニセフ協会大使として、これからもがんばります。

明日は山元町を訪ねます。

アグネス

Copyright (C) AGNES CHAN. All Rights Reserved.