お問い合せ サイトマップ


    AGNES CHAN OFFICIAL SITE 〜アグネス・チャン オフィシャルサイト
NEWS/新着情報
DIARY/日記
LINK/リンク
HOME
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
 
ユニセフオークション第2弾開催中!(こちらのオークションは終了しました)
ユニセフ「ハンド・イン・ハンド街頭募金」今年も参加します!!
ユニセフオークション 第1弾スタートのお知らせ!(こちらのオークションは終了しました)
児童買春・児童ポルノ禁止法の早期改正を求める要望書
新曲「あの丘で」発売記念イベント「ひとりだけのためのコンサート」生中継!!
「ひとりだけのためのコンサート」を生中継!
11月3日発売「あの丘で」が試聴可能になりました。
「あなただけのコンサート」観客決定のお知らせ
アグネス初プロデュース。ローラ・チャンに「アイドル5箇条」を伝授!「ひなげしの花」公開レコーディング!!
安全な水を子どもに
リレーフォーライフ2010 in東京 開催!!
「児童ポルノがない世界を目指して」国民運動、第1回報告会・記者会見
ピンクリボン シンポジウム2010「ピンクリボン あなたの笑顔のために〜乳がんに負けない〜」
アグネス 「ピンクリボンシンポジウム」でメインスピーチ!
ユニセフシンポジウム「テロに晒される人道支援」が開催されます!
「リレー・フォー・ライフ ジャパン in 東京 2010」御参加下さい!
アグネス・チャンの新曲「あの丘で」のジャケット撮影
11月3日発売決定!!アグネス・チャン新曲「あの丘で/僕らには翼がある〜大空へ〜」のレコーディングが昨日終了!
“小さな祈り”のフルサイズ・チャリティダウンロードが携帯サイトmusicoで開始!
8月12日 日本ユニセフ協会 モバイルサイトにて「小さな祈り」ダウンロードが可能になります!
2010年 アグネス・チャン 全国コンサートツアー予定
アグネスの復刻版CD BOXがあなたの投票で現実になる!
終戦記念日の8月15日、アグネスが東京大田区で平和コンサート!
「国連事務総長 潘基文氏を囲む会」に出席しました
S WATT姿のアグネスがジャッキーを突撃!!
生誕100周年記念 マザー・テレサ愛の世界展のお知らせ!
8月15日 平和祈念コンサートのお知らせ!
アグネス、感動と興奮のマカオコンサート!!
「小さな祈り」レコーディング
「アフリカンフェスタ2010in Yokohama」にアグネスがTICADトークショーゲストとして参加しました
上海で行なわれた環境保護の朗読劇イベントにアグネスがゲストとして出席しました
温家宝総理日本公式訪問「文化人懇談会」にアグネスが出席!!!
日本ユニセフ協会・緊急アピール&国民運動発足                   「児童ポルノがない世界を目指して」発表記者会見にアグネスが出席
アグネスが“ほほえみ大使”として、「がん治験制度についての国際シンポジウム」開会式で挨拶
沖縄・琉球放送の特別公開生番組にアグネスがスペシャルゲストとして出演しました
「JACCOM 歌の祭典 in カーネギーホール」でアグネスが総合司会を務め、歌も披露!!
マット安川のズバリ勝負 JBpressに掲載
アグネス、ユニセフ新事務局長を歓迎
5月2日(日)22:00より NHK「BS特集」「立ち上がる女性たち〜アグネス・チャンのソマリア報告〜」放映!!
共同通信記事&ソマリア報告メディアリスト
「アグネスが心を込めて歌い上げた武道館コンサート大盛況!!」
「アグネス、学園長として姉妹校の入学式に出席」
アグネス・A.I.C高校ニュージーランド校学園長に就任!!
<共同通信配信 「アグネスのソマリア報告」 掲載開始>
「アグネス大学卒業証書授与式と交流会」
ソマリア写真
アグネス・チャン武道館コンサートのお知らせ
ソマリア帰国報告記者会見
無政府状態のソマリアへ 今日出発!!




NEWS/新着情報

ユニセフオークション第2弾開催中!(こちらのオークションは終了しました)

第32回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金キャンペーンにおいて、チャリティーオークション第2弾が
行われています。
今回、出品いたしましたのは

*お箸セット(木製) です‼

アグネスからの今回のチャリティーオークションへの出品はこれが最後の商品ですので皆さん是非買って下さい‼

観光で行ったバリ島で「買って下さい。」と可愛い子がいってきて、あまりにもその子が可愛らしくて可愛さに負けて買ったお箸セットです。カエルやイモリが彫刻されています。箱の裏面にサインを入れてお届けします。
是非商品をお買い求めになって頂き、少しでも世界の子どもたちの為に力を貸して頂けますように・・・。
落札した方にはもれなくサイン本とサインCDをお付けします。

商品の画像や情報については下記URLよりご覧いただけます。
落札は12月26日23時台までの予定となっております。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!!

なお、本オークションの利益は、全額ハンド・イン・ハンド募金として、世界150カ国の地域と子どもたちの命や健康、未来を守るためのユニセフの活動資金となります。よろしくお願いたします。

※こちらのオークションは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

【関連URL】
http://auction.item.rakuten.co.jp/10873275/a/10000092
ページトップへ

ユニセフ「ハンド・イン・ハンド街頭募金」今年も参加します!!

 第32回ユニセフ ハンド・イン・ハンドキャンペーンが今年も開催されています。
アグネスは12月23日の渋谷区・恵比寿ガーデンプレースでの街頭募金に参加いたします。
今年のキャンペーンテーマは
「届けたい。すべての子どもたちに“いのちを守る方法”を」です。
ハンド・イン・ハンドは世界の子ども達の幸せと明るい未来を実現させるため、市民ひとり一人がボランティアとして参加する、身近な国際協力活動。
昨年のアグネスはユニセフのシンボルカラーの「空色」のブルーサンタに扮しての街頭募金活動を行いました。今年のアグネスはどんなスタイルで参加するのか????楽しみにしていて下さいね。そして、皆様も、是非ぜひ遊びに来て下さい。お待ちしています。

【関連URL】
http://www.unicef.or.jp/cooperate/handinhand/index.html
ページトップへ

ユニセフオークション 第1弾スタートのお知らせ!(こちらのオークションは終了しました)

 第32回ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金キャンペーンにおいて、チャリティーオークション第一弾がスタートいたしました。
アグネスより、既に11月29日のアメーバブログでも、参加の予告させていただきましたが、本日より入札が可能です。
今回の出品いたしましたのは

*ソマリアの木製スプーン2本

です。商品の画像や情報については下記URLよりご覧いただけます。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!!
なお、本オークションの利益は、全額ハンド・イン・ハンド募金として、世界150カ国の地域と子どもたちの命や健康、未来を守るためのユニセフの活動資金となります。よろしくお願いたします。

※こちらのオークションは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

【関連URL】
http://auction.rakuten.co.jp/event/charity/handinhand/2010/
ページトップへ

児童買春・児童ポルノ禁止法の早期改正を求める要望書

児童ポルノを「見ない」「買わない」「持たない」「作らせない」!!
「児童買春・児童ポルノ禁止法」(以下、現行法)改正の早期実現に関しては、残念ながらワーキングチームの総合対策案に盛り込まれておりません。ブロッキングでは遮断できないファイル共有ソフトを利用した大量の取引など、児童ポルノを取り巻く状況は、大きく変化しています。また、他の先進国では違法とされている児童ポルノの購入、入手、単純所持を禁止していない現行法の下では、国際的な捜査や取締りに日本は参加することができません。今回の総合対策案だけでは、「児童ポルノがない世界」の実現が難しいことは明らかです。

そこで、日本ユニセフ協会は、「現行法改正の早期実現」を求める署名活動を実施し、国会に対して、児童ポルノの単純所持の禁止を含む法改正を直接訴えます。

「児童買春・児童ポルノ禁止法」の早期改正を求める要望書はこちらから印刷ができます。
http://nakuso.jp/images/signature/signature.pdf


ページトップへ

新曲「あの丘で」発売記念イベント「ひとりだけのためのコンサート」生中継!!

 11月9日(火)新橋ヤクルトホールにて、「ひとりだけのためのコンサート」イベントが開催されました。
 今回のイベントでは、38年間、アグネス一筋に熱心に応援して下さったファンのみなさまの代表として、300名近い応募者の中から兵庫県にお住まいのH・Eさんにご参加いただきました。
 ステージは、まずアグネスのデビュー曲「ひなげしの花」からスタート。
そして「アグネス一筋立派で賞」の賞状の授与と、副賞にはなんと!アグネス手作りのクッキー38個が手渡されました。
 最後は、ファンの皆様全員への感謝の気持ちを込めて、万感の想いで、新曲「あの丘で」(11/3発売)を披露したアグネス。
 このイベントの様子は、多数のメディアに取材していただいた他、ネット配信「ユーストリーム」でも生中継され、たくさんの方にご視聴いただくことができました。(ご覧になりたい方は下記URLまで )
「ヤクルトホール」は、なんと言ってもアグネスが来日後初めてコンサートを行った思い出の場所。デビュー以来山あり谷あり色々なことがありましたが、いつもファンの皆様がアグネスを支えて下さいました。沢山の思い出がよみがえる中、涙ぐむアグネスを前にH・Eさんもハンカチが手放せず、感無量の様子でした。
 ご応募いただきながら選考にもれてしまった方も、本当にいつも熱いご声援ありがとうございます。アグネスはこれからも皆様の励ましを胸に、元気で頑張って参ります。どうぞ、これからも応援をよろしくお願いいたします。

【関連URL】
http://www.ustream.tv/recorded/10731758
ページトップへ

「ひとりだけのためのコンサート」を生中継!

11月9日(火)14:00〜アグネス・チャンが、ヤクルトホールで行います「ひとりだけのためのコンサート」を生中継することが決定!!

ユーストリームにてリアルタイム(14:00〜)にて配信されます!
今回は、たった一人しか会場には入れないが、生中継が決定し、多くのファンのみなさまに見てもらえるようになりました。

なお、リアルタイムで見られないという方でも、ユーストリームでその後も映像を楽しむことが出来ますので、是非見てください!!

映像は下記URLからご覧になれます。


【関連URL】
http://www.ustream.tv/recorded/10731758
ページトップへ

11月3日発売「あの丘で」が試聴可能になりました。

アグネス・チャンの新曲「あの丘で」がトップページにて試聴出来るようになりました。

デビュー曲「ひなげしの花」のアンサーソングです。
是非、試聴してみてください。

尚、トップページより「あの丘で」が表示されない場合は、以下の方法で、キャッシュクリアを試みてください。
また、キャッシュクリアをした場合、パスワード等、記録されている登録情報も消えてしまう可能性もございます。お気をつけください。

●Windows版 Ver. Internet Explorer 8の場合
1.<ツール>メニューから<閲覧の履歴の削除>を選択
2.<インターネット一時ファイル>にチェックを入れて<削除>をクリック

●Windows版 Internet Explorer 7
1.<ツール>メニューから<閲覧の履歴の削除>を選択
2.インターネット一時ファイル項目で<ファイルの削除>をクリック

●Windows版 Internet Explorer 6
1.<ツール>メニューから<インターネットオプション>を選択
2.<全般>タブにある、インターネット一時ファイル項目のファイルの<削除>をクリック
3.<すべてのオフラインコンテンツを削除する>にチェックを入れて<OK>をクリック

● Windows版 Firefox 3.6
1.<ツール>メニューから<最近の履歴を削除>を選択
2.履歴の期間で<すべての履歴>を選択し、消去する項目で<キャッシュ>にチェックを入れて、<今すぐ消去>をクリック

●Mac OS X版 Safari
1.<Safari>メニューから<キャッシュを空にする>を選択

ページトップへ

「あなただけのコンサート」観客決定のお知らせ

 11月9日(火)に行われる新曲「あの丘で」発売イベントの募集には、二百数十件のご応募をいただきました。たくさんのご応募本当にありがとうございます。
一人ひとりの想いのつまったメッセージに、アグネス本人も、微笑んだり涙を流したりしながら、目を通しておりました。
そして、日本クラウン(株)の会議の結果、当選者は関西出身の女性の方に決定致しました。

 今回、ご招待できなかった皆さまには後日、当日の模様を収めた新曲のプロモーションビデオのDVDをお送りさせていただきます。
たくさんのご応募本当にありがとうございました。

ページトップへ

アグネス初プロデュース。ローラ・チャンに「アイドル5箇条」を伝授!「ひなげしの花」公開レコーディング!!

1972年日中国交回復の年、パンダと共にやってきたアグネス・チャンのデビュー曲「ひなげしの花」は、80万枚を売り上げ、一躍、アグネスブームが巻きおこりました。あれから38年。70年代〜80年代の歌やファッションが改めて見直されつつある今、中国出身のローラ・チャン(23才)によって名曲「ひなげしの花」が復活します。ローラから依頼されて、プロデュースを快諾したアグネスは、10月19日(火)公開レコーディングに駆けつけ、ローラに「アイドル5箇条」を伝授。尊敬するアグネスに励まされ、緊張気味のローラは感無量の様子でした。
写真 サンケイスポーツ2010年10月20日

ページトップへ

安全な水を子どもに

 10月18日、日本ユニセフ協会とイオン1%クラブは、10月19日(火)〜11月23日(火・祝)の期間で「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」を実施するにあたり、ユニセフハウスで記者会見を開いた。

 この記者会見には日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャン大使と川嶋あいイオン1%クラブキャンペーン大使が参加をし、それぞれが見たカンボジア・ラオスを始めとする海外の水の大切さや衛生問題を語った。
 アグネスは、「世界では水を媒介にした病気で毎日3,800人が命を落としています。水汲みのために学校へも通えない子どもたちがたくさんいます。学校を建て、トイレを整備し、安全な水を提供しようという今回のキャンペーンに一人でも多くの方に協力していいただきたい」とあいさつとした。

この「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」は、イオングループでの店頭募金と「水」の購入を通じての寄付により行われる。
 また、イオングループのシネマ・コンプレックスでは期間中、このキャンペーンのPRビデオが上映され、アグネスも大使として登場する。

ページトップへ

リレーフォーライフ2010 in東京 開催!!

本日、お台場・潮風公園にて東京では初となるリレーフォーライフが行われた。
天候は、あいにくの雨となってしまったが、それでも医療関係者・製薬会社の方々・サバイバーの方々やその関係者数百人が参加し笑顔いっぱいで明るく行進を続けていた。

そんな中、ステージでは(財)日本対がん協会 垣添会長と中村先生(国立がん研究所 所長)とトークショーが行われ、がん学会も来年はもっと協力して頂けるなど、大変に内容のある前向きなトークショーになった!
トークショーの最後は、(財)日本対がん協会のテーマソングになっている「この良き日に」をアグネスが歌い多くの拍手に包まれた。


ページトップへ

「児童ポルノがない世界を目指して」国民運動、第1回報告会・記者会見

10月5日にユニセフハウスにて「児童ポルノがない世界を目指して」国民運動、第1回報告会・記者会見が開催されました。

記者会見には、内閣府の高須一弘さん・(財)インターネット協会の大久保貴世さん・東京都PTA協議会の新谷珠江さん・マジシャンのマギー審司さん・歌手のすがはらやすのりさん・前高知県知事の橋本大二郎さん・日本ユニセフ協会 副会長の東郷さん、そしてアグネス・チャン協会大使が参加し、「児童ポルノ排除総合対策の具体的実施」と「現行法改正の早期実現」を求めた。
この日、スケジュールの都合で参加出来なかった方々(荒木とよひささん・湯川れい子さん・ルー大柴さん・クロード・チアリさん・草野満代さん)からもコメントが寄せられ、次々に会見場で読み上げられた。

それぞれがメディアを通して「児童買春・ポルノ禁止法」の早期改正にむけて、政府や国会に働きかける、熱い思いを伝えていき・・・最後にアグネス・チャン協会大使が「今の法律では、児童ポルノの製造や頒布は処罰の対象となっていますが、所持や購入は違法ではありません。児童ポルノの購入や所持を違法にしなければ、売る人も買う人も減らないのです。児童ポルノを買ってはいけない、持ってはいけないというメッセージを出すことはとても大きな意味があります」と力強く、そしてはっきりとメッセージを発信した!

<賛同者>  *50音順
麻丘 めぐみ(女優・歌手)
荒木 とよひさ(作詞家)
石川 文洋(報道カメラマン)
梅沢 富美男(俳優・歌手)
草野 満代(フリーアナウンサー)
クロード・チアリ(音楽家・ギタリスト・作曲家)
合田 道人(歌手・作詞家・作曲家・構成作家)
神津 カンナ(作家・エッセイスト・コメンテーター)
コシノ ヒロコ(ファッションデザイナー)
志茂田 景樹(作家)
すがはらやすのり(歌手・都市工学者)
千 玄室(裏千家大宗匠)
宗 由貴(少林寺拳法グループ総裁)
高見 のっぽ(俳優・作家・歌手)
千葉 紘子(歌手・篤志面接委員・保護司・(財)矯正協会副会長)
津川 雅彦(俳優・映画監督)
鶴蒔 靖夫(評論家・ラジオパーソナリティー)
都倉 俊一(作曲家・(社)日本音楽著作権協会会長)
西川 りゅうじん(マーケティングコンサルタント・商業開発研究所レゾン所長)
橋本大二郎(前高知県知事・早稲田大学大学院客員教授)
坂東 眞理子(昭和女子大学学長)
マギー審司(タレント・マジシャン)
マット安川(タレント)
三ツ木 清隆(俳優・歌手)
宮本 亜門(演出家)
湯川 れい子(音楽評論家・作詞家・翻訳家・日本作詞家協会会長)
ルー大柴(俳優・タレント)

<賛同団体>
・全国知事会  
・日本赤十字社
・日本労働組合総連合会
・日本小児科学会
・日本PTA全国協議会
・日本教育会
・全国連合小学校長会
・日本私立小学校連合会
・全国国公立幼稚園長会
・全日本中学長会
・全国高等学校長協会
・全国特別支援教育推進連盟
・全国公立小中学校事務職員研究会
・全国学校栄養士協議会
・日本カトリック大学連盟
・日本教職員組合
・日本高等学校教職員組合
・全国社会福祉協議会
・東京都社会福祉協議会
・全国地域婦人団体連絡協議会
・恩賜財団母子愛育会
・全国婦人保護施設等連絡協議会
・エイズ予防財団
・全日本社会教育連合会
・日本視聴覚教育協会
・全国社会教育委員連合
・日本青年会議所
・日本臨床心理士会
・世界宗教者平和会議 日本委員会
・ガールスカウト日本連盟
・日本ユネスコ協会連盟
・日本YMCA同盟
・全日本学生柔道連盟
・スレーコ家庭教育振興協会   他多数


法改正の早期実現を求める署名活動を日本ユニセフ協会が行っています。
署名用紙のダウンロードも出来ます。
http://nakuso.jp/


ページトップへ

ピンクリボン シンポジウム2010「ピンクリボン あなたの笑顔のために〜乳がんに負けない〜」

先日、有楽町朝日ホールで(財)日本対がん協会主催の「ピンクリボン シンポジウム2010」が行われ、
会場は乳がんに関心を持った約1300人の一般の方々で埋めつくされた。
 第1部は(財)日本対がん協会 ほほえみ大使のアグネスによる講演「明るくさわやかに生きる〜アグネスの見つめた生命〜」があり、自身の乳がんになった話から「がんになることが怖いのではない。がんになっていることに気付かないことが怖いのです。」と早期発見の重要性を伝え、会場のみなさんに乳がんの定期検診に行ってもらえるように訴えた!
 第2部では、「ピンクリボン あなたの笑顔のために〜乳がんに負けない〜」というテーマでパネルディスカッションが行われた。パネリストには、アグネス・チャン・岩瀬先生・岩田先生・小島看護師が参加し、進行は膳場アナウンサーが務めた。
各自が自分の伝えたいことを主張する中、最後にアグネスから(財)日本対がん協会のイメージソングとなっている「この良き日に」を歌うというサプライズがあり、会場は涙と感動に包まれた!

ページトップへ

アグネス 「ピンクリボンシンポジウム」でメインスピーチ!

10月3日(月)乳がんの早期発見・治療を呼びかけるシンポジウム「ピンクリボンあなたの笑顔のために〜乳がんに負けない」が東京・有楽町朝日ホールで開かれます。

アグネスは㈶日本対がん協会“ほほえみ大使”として、第一部で『明るくさわやかに生きる―アグネスが見つめた命―』というテーマで講演、第二部のパネルディスカッションにもパネリストとして参加します。
自らの闘病体験からたくさんのことを学んだアグネス。がん征圧運動に力を入れているアグネスが早期発見、早期治療の大切さを心から訴えます。

現在、日本は2人に1人ががんになる時代。ひとりひとりの意識を高めることが大切です。がんを克服したアグネスの話は非常に楽しく、とても前向き。これを機会に気軽にシンポジウムに参加して頂きたいと思います。


ピンクリボンシンポジウム2010「あなたの笑顔のために〜乳がんに負けない〜」
日時:10月3日(日)有楽町朝日ホール
第一部

【関連URL】
13:00〜15:00
アグネスの講演は13:35から
パネルディスカッションは14:05からの予定です。




ページトップへ

ユニセフシンポジウム「テロに晒される人道支援」が開催されます!

ユニセフシンポジウム「テロに晒される人道支援」が、10月27日(水)
東京読売ホールで開催されます。
アグネスは日本ユニセフ協会大使として、今年もコーディネーターを務めます。

主なプログラムは
1、基調報告㈰「今、人道支援の現場が直面していること」
レイラ・パカラ  ユニセフ本部民間支援企画調整局長 
(元ソマリア事務所代表代行)
2、基調報告㈪「ソマリア視察報告」
アグネス・チャン 日本ユニセフ協会大使
3、パネルディスカッション

昨年、テロ行為により、命を落とした国連やNGOの職員は1990年の4倍以上にのぼりました。
世界で最も困難な状況に置かれている子どもたちへの支援が、テロ行為により難しくなっているのが現状です。今年、内戦が20年以上続くソマリアを視察に訪れたアグネスは基調報告とパネルディスカッションの進行役を務めます。パネリストには国際ジャーナリストの後藤健二さんなどが参加し、危機にさらされる人道支援のあり方を、会場の皆さんと一緒に考えていきます。

これを機会に「子どもたちをどう守るか」といった課題を一緒に追求しませんか?
シンポジウムに参加をご希望の方は日本ユニセフ協会・広報室へお申し込みください。
詳細は下記URLをご覧ください!
定員1100名に達した場合は受付を閉め切ります。
早めの申し込みをよろしくお願いします!!

【関連URL】
http://www.unicef.or.jp/sympo/
ページトップへ

「リレー・フォー・ライフ ジャパン in 東京 2010」御参加下さい!

2010年10月9日(土)〜10月10日(日)
都立潮風公園 太陽の広場にて「リレー・フォー・ライフ ジャパン in 東京 2010」が開催されます!

アグネスも日本対がん協会「ほほえみ大使」として参加予定です!!

「リレー・フォー・ライフ」では皆が協力しあって、、、
○トラック(歩く場所)を作り、開会式から閉会式まで各チーム交代で24時間歩き続けます。(チームに入っていなくても参加出来ます!)
○24時間歩き続けるために、チームでテントを張ります。
○ステージを作り、楽しいエンターテイメントがあります
○夕暮れのころには”ルミナリエ”のセレモニーが始まります。
○ステージ、音響、照明、テント、イスやテーブル、警備、発電機など、全ての物品はボランティアの実行委員会が自分たちで集めます。
○寄付を集めます
○‘がん’について学びます。‘がん’と言われた事のある人(サバイバー)や、ご家族(ケアギバー)に直接、お話を聞きます。

「リレー・フォー・ライフ ジャパン in 東京 2010」ホームページで詳細が分かります。

誰でも、ひとりでも、24時間いつでも参加出来ますのでぜひ会場まで足を運んで下さい!
命のたすきをつなげましょう!

詳細が分かり次第、随時このページにて紹介致します!


【関連URL】
http://www.sportsentry.ne.jp/z_event.php?tid=23260
ページトップへ

アグネス・チャンの新曲「あの丘で」のジャケット撮影

皆さんご存じだと思いますが、今回のこの曲は・・・島田紳助さんの作詞によりアグネス・チャンのデビュー曲の「ひなげしの花」のアンサーソングとなっている曲です。

さぁ、この新曲のジャケットはどんな感じになっているか・・・楽しみにしていてください!きっと、きっと、皆さんの心を揺さぶるジャケットになりますので、乞うご期待!

11月3日の発売前に皆さんにお見せ出来ると思います。

撮影の衣装は、3パターン!すべてヘアースタイルを変えての撮影となりました!!

馴染んだスタイルから今までにちょっと見ない斬新なスタイルまで・・いったいどれがジャケットに選ばれるのか・・・

撮影には、アグネス本人も大満足でした☆
きっとファンの皆さんも大満足してくれると思います!!

では、楽しみに待っていてください。


ページトップへ

11月3日発売決定!!アグネス・チャン新曲「あの丘で/僕らには翼がある〜大空へ〜」のレコーディングが昨日終了!

都内スタジオにて、9月7日(火)アグネスの新曲「あの丘で」に引き続き、カップリング曲となる「僕らには翼がある〜大空へ〜」のレコーディングが無事に終了しました。ジャケットの打ち合わせもレコーディングと平行して行なわれ、遂に最終ミックスダウンを待つ段階へと突入!
番組で紳助さんと共演したアグネスが、直接依頼をして出来上がった2曲が間もなく完成します!!

アグネスはスタジオで数パターンの歌い方を試して、プロデューサー達と納得がいくまで話を重ねて方向性を決定。とても張りつめた空気の中での真剣勝負でしたが、自分の為に書かれた作品が形になっていく幸せを感じていたのか、終始ニコニコしていました。

島田紳助さん作詞によるアグネスの新曲「あの丘で」は、なんとあの「ひなげしの花」のアンサーソング!!
フジテレビ26時間テレビのテーマソングになったカップリング曲の「僕らには翼がある〜大空へ〜」は、紳助さんが「元々アグネスをイメージして作った」というエピソードを記者会見で披露しています。今回、アグネスの歌により、新たな命が吹き込まれ、素敵な曲に仕上がりました!

話題が盛りだくさんなアグネスの新曲達、とても良いです!!11月3日発売です!!乞うご期待ください!!!


ページトップへ

“小さな祈り”のフルサイズ・チャリティダウンロードが携帯サイトmusicoで開始!

9月13日(月)携帯音楽配信サイト「musico(ミュージコ)」にて、“小さな祈り”のフルサイズが、チャリティとしてダウンロード出来るようになりました!

これは既に日本ユニセフ協会で開始した「ユニセフモバイルサイトから募金をして下さった方に“小さな祈り”の曲の一部(37秒)がプレゼントされる」というサービスと平行して行なうものです。
CD化されていないことから「“小さな祈り”を全曲聴きたい!」「フルサイズのダウンロードを開始して欲しい」という要望が多数寄せられ、携帯サイトmusicoの全面協力により、この度配信が決まりました。

携帯サイトmusicoでは9月13日(月)より、「小さな祈り」フルサイズ・チャリティダウンロードサービスを1曲105円で開始。
105円の内訳は
5円が消費税
10円が携帯会社に支払われるキャリア手数料
残りの90円が全額日本ユニセフ協会への寄付となります。


※アグネスの“せめて自分の歌で貢献したい”という思いから、ソマリアの子供たちのために現地で作詞作曲したお祈りの曲。 それがアカペラ曲“小さな祈り”です。熱い祈りがこの曲には込められており、魂の歌、心の叫びが響きます。アグネスは子供たちの明るい未来の為に役立てたいという気持ちから、この曲を日本ユニセフ協会に提供しました。

皆さん是非、携帯サイトmusicoから“小さな祈り”のフルサイズをダウンロードして聴いて下さい!

※「小さな祈り」は携帯のみダウンロードが可能です。パソコンからはダウンロード出来ませんのでご注意下さい。

ページトップへ

8月12日 日本ユニセフ協会 モバイルサイトにて「小さな祈り」ダウンロードが可能になります!

 今年2月アグネスはユニセフ協会大使として20年以上続く紛争や干ばつ、そして無政府状態のソマリアを視察。再起に向けて立ち上がった女性たちの活動やそこに生きる子供たちの姿を目の当たりにし、ソマリアがおかれている現状に心を痛めました。“せめて自分の歌で貢献したい”という思いから、ソマリアの子供たちのために、お祈りの曲を作詞作曲しました。それが「小さな祈り」というアカペラの曲です。アグネスの熱い祈りがこの曲には込められており、魂の歌、心の叫びが響きます。アグネスは子供たちの明るい未来の為に役立てたいという気持ちからこの曲を提供し、ユニセフ協会のモバイルサイトから募金を行なうと無料で曲がダウンロードが出来る仕組みを8月12日にスタートします。

<「小さな祈り」ダウンロードについて>
日本ユニセフ協会のモバイルサイト『モバイルユニセフ』を通じて、
ユニセフ募金のお申し込みをいただいた方々に
アグネス・チャン大使の歌う「小さな祈り」を無料で
ダウンロードいただけます。
『モバイルユニセフ』 http://www.unicef.or.jp/mb/ 

<ダウンロードの流れ>
●募金・ダウンロードの流れ
 悒皀丱ぅ襯罐縫札奸戮離肇奪廛據璽犬砲△襦[募金する]ボタンをクリック。
[今すぐ募金する]のページにて、募金の種類を選択し、画面に従い、募金の手続きを行います。
*募金の種類はどれを選択いただいても問題ありません。
J膓發亮蠡海が終了すると、申し込み確認メールが携帯電話に届きます。そのメールに記載されているアドレスより、楽曲をダウンロードいただけます。
* ダウンロードページへの不正アクセスは防ぐシステムを使用しています。
* この曲は携帯でのみ、ダウンロードが可能です。


ページトップへ

2010年 アグネス・チャン 全国コンサートツアー予定

写真左:武道館コンサート感動のフィナーレ、満員の会場に大歓声が巻き起こった
写真右:ピースフルワールド。会場は平和の輪でひとつになった

2010年 アグネス・チャン 全国コンサートツアー スケジュール
「ピースフルワールド2010 アグネス・チャン トーク&ライブ 〜生命の輝きをあなたに〜」

お誘い合わせの上、是非お越し下さい!!!
スケジュールは随時更新致します。

9月2日(木)愛媛県今治市 公会堂18:30〜

9月3日(金)愛媛県新居浜市 市民文化センター18:30〜

9月5日(日)香川県丸亀市 市民会館14:00〜

9月12日(日)茨城県龍ケ崎市 文化会館14:00〜

9月23日(木)茨城県小美玉市 小川文化センター18:30〜

10月6日(水)福島県白河市 市民会館18:30〜

10月7日(木)福島県二本松市 市民会館18:30〜

10月15日(金)三重県松坂市 市民文化会館18:30〜

10月16日(土)岐阜県多治見市 文化会館18:30〜

10月20日(水)愛知県安城市 市民会館18:30〜

10月21日(木)岐阜県大垣市 市民会館18:30〜

11月12日(金)神奈川県小田原市 市民会館18:30〜


お問い合わせは
MIN-ON インフォメーションセンター
03−3226−9999 までお願い致します。

ページトップへ

アグネスの復刻版CD BOXがあなたの投票で現実になる!

 1972年、「ひなげしの花」で衝撃の日本デビューを飾り、その後数多くの大ヒット曲を世に送り出し、日本の歌謡界を代表するアーティストの一人として君臨しているアグネスチャン。記念すべき初期のアルバムを完全復刻したBOX企画を、WEBサイトの「オーダーメイドファクトリー」で予約をつのり、目標数に達した時点で商品化→発売となります。

☆下記のアルバム8タイトル(全10DISC)を完全復刻しBOXに収納して発売。(歌詞&写真入りブックレット付)

ひなげしの花(1973年1月22日発売) 
花のように星のように(1973年5月10日発売) 
草原の輝き(1973年8月25日発売) 
Flower Concert(1973年11月10日発売) 
アグネスの小さな日記(1974年3月25日発売) 
あなたとわたしのコンサート(1974年8月10日発売) 
あなたにありがとう(1974年11月25日発売) 
小さな恋のお話(1975年4月25日発売)

この機会にみんなで投票して貴重なアルバムを手に入れましょう!


【関連URL】
http://www.sonymusicshop.jp/m/sear/groupLis.php?site=S&ima=5908&cd=O001&c1=O008
ページトップへ

終戦記念日の8月15日、アグネスが東京大田区で平和コンサート!

8月15日(日)

 終戦記念日の8月15日、大田区議会議員主催『第10回 平和記念コンサート 「響け 平和への思い 世界へ」』でアグネスが大熱唱。平和の大切さを心から訴えました!

大田区議会の皆さんは「以前からアグネスさんを絶対に呼びたいと思っていました」とこの日を心待ちにして下さっていました。
14時10分にスタートしたアグネス・チャンコンサートは立ち見が出るほどの満席。幕が開くのと同時に会場に大きな拍手が鳴り響きました!
アグネスは「これからは戦後生まれの私たちが平和を守っていかなければならない」と、『平和』の大切さ、命の尊さを訴え、平和の歌を含む全9曲を全身全霊で熱唱しました。
「しあわせの花」では、会場の全員で曲にあわせて手話で花を表現。会場は手話の花で満開になりました。また、アンコールで歌った「ピースフルワールド」では、クラウン少女合唱団もステージに上がり合唱しました。会場全体一丸となって平和の輪を作りましたね。
感動のフィナーレは会場全員で演出。「最高のコンサートにだった!」と観客の皆さん含め、大田区議会の皆さんも満足して頂けたようです。観客のおひとりが「アグネス・チャンは心が奇麗なんだねー」と話しながら会場を出て行かれました。そう、アグネスだけでなく、コンサート後はみんな心が奇麗になって帰られるようです!

アグネスが続けている全国平和コンサートツアーは150カ所を超え、9月からも各地で開催されます。お近くで開催される際は是非とも足をお運び下さい。
感動を一緒に味わいましょう!



ページトップへ

「国連事務総長 潘基文氏を囲む会」に出席しました

8月4日(水)

8月6日「広島原爆記念の日」の平和式典に国連事務総長として初出席する潘基文国連事務総長を囲む会にアグネスが出席しました。

 アグネスは潘基文事務総長に向けたスピーチの中で、日本ユニセフ協会大使として活動を紹介。様々な国を視察に訪れ、多くの子供たちに出会い、その中で一番苦しんでいるのは戦時中の国の子供たちでしたと報告。今回、潘事務総長が広島、長崎に行く事が“核兵器のない世界を目指す活動”に大きな意味がある事も話した。
アグネスは日本ユニセフ協会の募金額が、この10年間で世界一の拠出額となり、さらに募金額が年々増えているのは日本の皆さんの世界の子供たちへの関心と理解の表れですと説明。そして今後も、正しい情報の提供と、活動の報告を続けることを誓いました。最後に、児童の権利を守るための活動として、児童ポルノ法改正の応援を呼びかけ、「みんなでよりよい世界を作るためにがんばりましょう」とスピーチを締めくくった。

話を熱心に聞いていた潘事務総長は、アグネスの話に何回も深くうなずき、大きな拍手を送って下さいました。そして追加のスピーチの中ではユニセフへの募金を呼びかけ、会の終了後にはアグネスに「ますますがんばってください」と励ましの言葉をかけて下さいました。




ページトップへ

S WATT姿のアグネスがジャッキーを突撃!!

8月6日(金)

8月13日(金)にフジテレビで放送される「ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ」で、アグネスは“ホンネSWATT隊”として、現在、映画「ベストキッド」の関係で来日しているジャッキー・チェンにインタビューし、ゲームをして来ました。

アグネスとジャッキーは古くからの友人で、歌も一緒にリリースしているほどの大の仲良し。はじめ緊張するスタッフ、共演者でしたが、アグネスはいつもの明るいキャラクターで場を大いに盛り上げ、ジャッキーとの会話はとてもはずみました。なんと全ての通訳もアグネスが行ないました!
ゲームの結果次第でジャッキーからご褒美をもらえる!という事になり、大盛り上がりのロケになりました。

さて結果は!?

8月13日(金)フジテレビ 19:57〜20:54の放送をお見逃しなく!


ページトップへ

生誕100周年記念 マザー・テレサ愛の世界展のお知らせ!

8月11日(水)
日本橋三越本店 新館7階ギャラリーで行われる「生誕100周年記念 マザー・テレサ愛の世界展」にアグネスが参加します。

当日は、11時と14時からトークショーを行い、各トークショー後には、アグネスの「マザー・テレサ26の愛の言葉」をサイン即売会という形で販売します。

是非、皆様お誘い合わせのうえお越しください



日時:8月11日〜23日
会場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
入場料:一般・大学生700円/高校・中学生500円/小学生以下無料
時間:午前10:00〜午後6:30(午後7:00閉場)


ページトップへ

8月15日 平和祈念コンサートのお知らせ!

8月15日(日)

大田区民ホール・アプリコにて開催される 大田区議会議員主催 平和祈念コンサートにアグネスが参加します!
第二次世界大戦が終結した8月15日、戦争や紛争のない平和な世界であることを希求し、平和の尊さを実感し、恒久の平和を祈念したコンサート。
是非、お誘い合わせの上、お越しください!

第10回 大田区議会議員主催 平和祈念コンサート“響け 平和の思い 世界へ”
日時:2010年8月15日(日)
12:30開場 13:00開演 大田区民ホール・アプリコ大ホール
入場料:S席3,000円 A席2,000円
<チケットのお申し込み>
■大田区民ホール・アプリコ 03−5744−1600
■大田区民プラザ      03−3750−1611
■大田文化の森       03−3772−0700
<お問い合わせ>
実行委員会事務局 03−5744−1640


ページトップへ

アグネス、感動と興奮のマカオコンサート!!

7月10日〜7月19日

現在、全国150カ所を越える「平和コンサート」中のアグネスは、今回マカオでのコンサートとトークショー4回公演を行いました!

10日のコンサートでは「帰ってきたツバメ」や、「この良き日に」を唄い、会場の拍手が鳴り止みませんでした。アグネス自身も「皆さんの暖かい応援と、キラキラとしたまなざしに感動」と話していました。
12日からの3日間はトークショーをジュディ・オングさん、田中千絵さんと共に『異国での仕事、挑戦、そして、食べ物と健康』をテーマに話しました。とても熱心に話に聞き入ってくれた観客の皆さん。ジュディさんとのコンサートでも観客の皆さんとの一体感が、より感動を大きくしたのではないかと思います。

全てが大感動、大声援で終始会場が一つになり、笑顔が満開になった今回の4回公演。コンサート内で会場全員で行なった手話では会場中に「しあわせの花」も咲きほこりましたね。約4000人を前に行ったコンサート。心をこめてアグネスが行なったステージでは、観客の皆さんからたくさんのかけがえのないプレゼントを逆に頂きました。「コンサートでもらったぬくもりが今も消えませんね」とアグネスは話しています。

8月にはマカオで再度コンサートが予定されています。

アグネスの歌は国境を越え、あなたの心に語りかけます。
「歌で平和を」アグネスの活動は続きます。





ページトップへ

「小さな祈り」レコーディング

6月22日(火)

 アグネスが今年2月、ユニセフの海外視察で訪れたソマリアで現地の子どもたちを想い、作った曲「小さな祈り」のレコーディングを行いました。
この曲は、3月の武道館コンサートの時に初めて披露したアカペラの楽曲で、ファンの間では大変話題になっていた曲。今回、レコーディングはアグネスが歌詞を追加して、より良いものにしたロングバージョン。想いの伝わるとても素敵な楽曲が仕上がりました。
1日でも早く、ひとりでも多くの皆様に聴いて頂きたいと思います。
この楽曲はCDとしての発売はなく、ダウンロードのみでのご提供となる予定です。
詳細は、決まり次第ホームページで紹介しますので、楽しみにお待ちください。  
アグネスの気持ち、そして世界中の子どもたちを応援して下さる皆さんの気持ちが彼らに届くように生まれた楽曲。大事にして行きたいです。


ページトップへ

「アフリカンフェスタ2010in Yokohama」にアグネスがTICADトークショーゲストとして参加しました

6月12日(土)

「アフリカンフェスタ2010in Yokohama」にアグネスがゲストとして参加しました。これは横浜にある、赤レンガ倉庫イベント広場で行なわれた外務省主催のイベント。駐日各国アフリカ大使館・NGO団体関 連・国際機関・自治体・参加協力企業など約140団体が参加し、アフリカ文化等を広く紹介することを通じ、国民のアフリカへの理解を深め、アフリカに対する親近感を醸成しようとするものです。

 アグネスは“開会式”と“TICADトークショー”に参加。日本ユニセフ協会大使としてスーダン、レソト、ソマリア、ブルキナファソ等、多くのアフリカの国々を訪れ、その現状を報告。実際に現地で出会った子どもたちの話を織り交ぜ、資源豊富なアフリカのポジティブな話や、その反面FGM(女性器切除)や貧困、エイズ問題等、アフリカが抱える多くの事例も紹介。

 トークショーの最後には、アグネスが今年視察で訪れたソマリアで作った「小さな祈り」というアカペラの唄を披露。会場は大拍手で包まれました。


ページトップへ

上海で行なわれた環境保護の朗読劇イベントにアグネスがゲストとして出席しました

5月7日(月)
 中国・上海で環境保護をテーマにした演劇のイベントが開かれ、アグネスが招待を受け出席しました。
このイベントは、演劇を通して中国の人たちに環境問題に関心を持ってもらおうと企画されたもので、浙江大学の学生20人が日本の劇作家井上ひさしさんの戯曲「水の手紙」等を演じ、水資源の大切さを地球規模で訴えました。

 朗読劇のあと、トークショーが開催され、アグネスは上海戯劇学院の孫副院長と共にステージに登壇。学生たちとも自由な意見交換を行い、「『水の手紙』は多くの人々に触れる広場で演じるのがふさわしい。人々に呼びかけ、市民レベルの運動を盛り上げるべきだ」等という提案がまとめられました。


ページトップへ

温家宝総理日本公式訪問「文化人懇談会」にアグネスが出席!!!

5月31日(月)

 来日した中国の温家宝首相が開いた「日・中文化人懇談会」に招待されたアグネス。冒頭、温家宝首相は「中国の首相が両国の文化人との懇談会を主催するのは、両国関係において初めてではないか。これは、中国の指導者が文化交流の強化を重視していることの表れです。」と挨拶。

 一時間以上の懇談の中で、茶道・書道などの伝統文化、演劇・文学などの文化が両国民に果たす役割などについて、日中両国文化人が温首相と意見を交わしました。最後に首相から促されてアグネスは中国で大ヒットした自身の歌「原野牧歌」を特別に披露。澄みわたるアグネスの歌声に温家宝首相を始め、会場の方々も手拍子で大声援。懇談会に華やかな色どりを添えました。

 懇談終了後、アグネスは「たくさんの歌手が両国で活躍できる時代をつくり上げたい」と報道陣に語っていました。


ページトップへ

日本ユニセフ協会・緊急アピール&国民運動発足                   「児童ポルノがない世界を目指して」発表記者会見にアグネスが出席

5月27日(木)

 アグネスは日本ユニセフ協会大使として、インターネット上などで氾濫する児童ポルノについて、日本の対策の遅れが犠牲者の子どもを増やしているとして、「児童ポルノがない世界を目指して」緊急アピールを行った。
児童ポルノを「見ない、買わない、持たない、作らせない」を掲げ、ネット画像への 接続を強制的に遮断する「ブロッキング」の早期実現や、被害を受けた子どもたちの保護や支援、取り締まりの強化のほか、「児童買春・ポルノ禁止法」の改正による“単純所持”禁止の早期実現などをアピールした。
アグネスは「インターネットを通して日本でも犠牲者が増えているのが現実。海外だけの問題ではなくなってきた。国内でも、本当に待ったなしの、緊急な課題なので国民的な運動を起こして一日も早く政治決断をしてほしいと思います」と力強く語った。

 記者会見後、アグネスは中井国家公安委員長と千葉法務大臣を訪問。「G8では、日本とロシアだけが“単純所持”を許していて、世界的に大きな穴が開いてしまっている」と述べ、大臣からも国民意識を高めてほしいとの要望があった。

ページトップへ

アグネスが“ほほえみ大使”として、「がん治験制度についての国際シンポジウム」開会式で挨拶

5月25日(火)

 英国大使館・米国大使館・韓国大使館と日本医療政策機構の共催によるがん治験制度のシンポジウム「国際社会における臨床試験・治療〜効果的ながん臨床試験・治療制度の構築に向けて〜」の開会式にアグネスが出席。財団法人 日本対がん協会の“ほほえみ大使”として挨拶しました。
 開会式でアグネスは「がんの治療は他の病気と違って、手術して終りというものではありません。長い治療が必要なので自国で治療出来なければ患者さんは絶望的になってしまいます。新しい薬や治療法をより多くの患者さんに提供出来るよう、国や関係機関の早い対応が必要です。それによって患者さんの選択肢が広がるように、今回のシンポジウムに大いに期待しています。」と挨拶。





ページトップへ

沖縄・琉球放送の特別公開生番組にアグネスがスペシャルゲストとして出演しました

5月22日(土)

 アグネスが、沖縄・琉球放送の特別公開生番組にスペシャルゲストとして出演しました。場所は昨年アグネスが自身の全国平和コンサートツアーで昼夜2回公演を行ない、大感動のコンサートを行った沖縄コンベンションセンター。1000名を超す観客の皆さんで会場は埋め尽くされました。
今回アグネスはトーク&ライヴという形で参加。「ひなげしの花」、「草原の輝き2005」、「この良き日に」、「ピースフルワールド」を沖縄の皆さんの前で熱唱。アグネスは「沖縄の人たちからは平和の心をたくさん教わりました」と語り、アカペラで唄った「花」には大拍手。会場はアグネスの歌と楽しい話で、笑いと涙で包まれました。
「沖縄のすんだ空気をいっぱいに吸い込んで、平和を願う皆さんの熱い気持ちを感じて、とても満たされた日でした」とアグネス。


ページトップへ

「JACCOM 歌の祭典 in カーネギーホール」でアグネスが総合司会を務め、歌も披露!!

文部科学省が認可する社団法人 日本大衆音楽文化協会が主催する「JACCOMミュージックフェスティバル」がニューヨーク・カーネギーホールにおいて5月15日に開催されました!
フェスティバルの前半は2007〜2009年にカラオケ日本一になり内閣総理大臣賞及び、文部科学大臣賞を受賞した9名の中から日本一の最優秀グランプリを決める大会。後半では北島三郎さんなど日本を代表するプロの歌手による歌唱ショーが行なわれ、購入されたチケット代金は全額がユニセフとセントラルパークで行われる「JAPAN DAY」桜の植樹に寄付されました。

アグネスはこの大会で総合司会を務め、ブロードウェイダンサーズの踊り&手話をバックに「ひなげしの花」と「しあわせの花」を熱唱。カーネギーホールをうめた観客をおおいに盛り上げました。

帰国したアグネスは「思い出に残るコンサートとなりました。カーネギーホールはビートルズ をはじめ、世界の有名な音楽家がコンサートを開いた会場。自分もその聖地で歌えた事はとてもうれしい。会場いっぱいに花が咲き、鳴り止まない拍手と声援に本当に感謝。」と語っていました。



ページトップへ

マット安川のズバリ勝負 JBpressに掲載

アグネスが5月7日(金)生出演した
ラジオ日本「マット安川のずばり勝負」の模様が
Japan Business Pressに掲載されています。

当日は約1時間30分に渡り、今年2月にユニセフ協会大使としてアグネスが訪れたソマリアの視察報告をさせて頂きました。
ページにはスタジオでの写真を交えながら、ソマリアの写真も多く掲載されています。

是非ご覧下さい!

【関連URL】
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3472
ページトップへ

アグネス、ユニセフ新事務局長を歓迎

5月12日(水)アグネスは日本ユニセフ協会大使として、東京都渋谷の国連大学で行なわれた、ユニセフ新事務局長来日レセプションに出席。
 新事務局長に就任したアンソニー・レーク氏をユニセフ親善大使の黒柳徹子さん、青南小学校の子どもたちと共に歓迎しました。

 ユニセフ東京事務所代表の平林国彦氏が開会の辞を述べたあと、アグネスは大使として挨拶。「戦後、1945年から日本はユニセフの援助を受け、脱脂粉乳の配給を始めました。それが日本とユニセフとの最初の出会いです。5年後には苦しい経済状況ながらも外国の子どもたちの支援をするようになり、55年に日本ユニセフ協会が設立。それ以来ずっとユニセフの正式な関連機関として共に活動をし、今では日本は世界一の募金が集まる国になりました。日本の方々の善意は本当に素晴らしいものです」と挨拶。大使就任以来、視察に訪れた各国が抱えている内戦、飢餓、衛生問題、気候変動等の深刻な状況を話し、現在、自身が力を入れているアドボカシー活動についても触れ、「新事務局長とともに、これからも世界の子供たちの声となり、一生懸命に活動していきたい」と熱く誓った。


ページトップへ

5月2日(日)22:00より NHK「BS特集」「立ち上がる女性たち〜アグネス・チャンのソマリア報告〜」放映!!

2月15日から23日まで、日本ユニセフ協会大使として無政府状態の続くソマリアを視察したアグネスの現地報告ドキュメンタリー。
2008年のテロでは国連職員など30名以上が死亡し、その後もテロや誘拐事件が続発しているソマリア北部にある第2の都市ハルゲイサ。
番組では市内の避難民キャンプや病院、女性支援センターなどでのユニセフの活動を紹介すると共に、南の激戦地から逃げのびてきた避難民たちやFGM(女性器切除)を受けた少女の生々しい話を聞き、それでも平和な国づくりのために立ち上がった女性たちの活動にスポットを当てます。
「世界から忘れられた国」ソマリアをどう支援すればよいのか?
メディアもなかなか入ることのできない現在のソマリアの状況を、カメラを通してアグネスが報告します。


アグネスのソマリア視察の報告は以下同行メディアでも取り上げられています。
―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     アグネスのソマリア視察、同行メディア一覧

 朝日新聞
   「アフリカの角に生きる人々」(1〜5)3/8〜3/12
 毎日新聞
   「戦火のがれて、ソマリアからの報告」(上・中・下)3/16〜3/18
 共同通信
   「アグネスのソマリア報告」全国地方紙10〜20紙配信中
 「クーリエジャポン」講談社
    「「地図に載っていない国」ソマリランドへようこそ」5・6月合併号
 「フラッシュ」光文社  近日中

―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、一部ネット上などで、アグネスの訪問地が「ソマリランド共和国」であり、ソマリアではないという指摘がありましたが、国連も国際社会も「ソマリランド共和国」を独立した一つの国として承認しておらず、国連も日本政府外務省も、アグネスが視察したハルゲイサをソマリアの都市のひとつとしています。

ページトップへ

共同通信記事&ソマリア報告メディアリスト

<TV>
NHK 視点論点 2月26日 21:50〜22:00
           2月27日 4:20〜4:30
TBS CS NEWS BIRD 3月4日 15:00〜  21:00〜
NHK WORLD NEWS LINE 3月5日 世界各国で放送
NHK BS 「きょうの世界」 3月11日
NHK BS BS特集「立ち上がる女性たち〜アグネス・チャンのソマリア報告〜」 5月2日 22:00〜22:50
5月8日 15:00〜15:55(再放送)
フジテレビ テレビ寺子屋 5月20日 収録
<FM・ラジオ>
ニッポン放送 「上柳昌彦のお早うGood Day!」 2月25日 7:35〜7:50
TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」 3月1日 9:00〜10:20
NHK 夕方ラジオ 一言ニュース 3月3日 18:15〜18:30
文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」 3月9日 14:30〜14:50
文化放送「ミュージックギフト」 3月9日 収録
inter FM Green Station 3月13日 10:00〜12:00
bayfm「千田正穂の笑顔の真ん中に!」3月18日20:00〜20:30
アグネスのサニーサイドアップ 3月20日 岐阜放送他 3月20日〜21日
bayfm「千田正穂の笑顔の真ん中に!」3月25日20:00〜20:30
RFラジオ「マット安川のずばり勝負」5月7日13:00〜14:30
RFラジオ「すがはらやすのり名曲生ラジオ」5月10日22:30〜23:00
                            5月17日22:30〜23:00
RFラジオ「Midnight Cowboy」5月17日24:30〜25:00
<新聞>
毎日新聞 2月26日
サンケイスポーツ 2月26日
朝日新聞 5日連載 3月8日アフリカの角に生きる人々(1)
             3月9日アフリカの角に生きる人々(2)
             3月10日アフリカの角に生きる人々(3)
             3月11日アフリカの角に生きる人々(4)
             3月12日アフリカの角に生きる人々(5)
日刊現代       3月16日
毎日新聞 3日連載 3月16日戦火を逃れて ソマリアからの報告 (上)
             3月17日戦火を逃れて ソマリアからの報告 (中)
             3月18日戦火を逃れて ソマリアからの報告 (下)
朝日新聞       3月14日「ひと」
共同通信       「アグネスのソマリア報告」全国各地新聞10〜20紙配信予定
毎日新聞      3月20日夕刊 
朝日ウィークリー  3月21日
教育新聞       3月29日
日中新聞       近日中
JAPAN TIMES    近日中

<雑誌>
週刊女性        3月30日
第三文明        4月1日
潮             4月5日
家庭の友        5月10日
パンプキン       6月20日
カルナ         4月20日
私の時間        5月12日 
<インターネット>
アグネス大学   3月30日




ページトップへ

「アグネスが心を込めて歌い上げた武道館コンサート大盛況!!」

写真左:真っ白な羽根の衣装で登場。アイドル時代を彷彿とさせるミニスカート姿も
写真右:この衣裳をはじめ、7回もの衣裳チェンジで観客を魅了した

「8000人の大声援に心から感謝!!」

3月16日、日本武道館で行われた、アグネス32年ぶりの単独コンサート「世界へとどけ平和への歌声 アグネス・チャン in 武道館 ピースフルワールド2010」は2007年からスタートし、全国で20万人以上を動員した平和コンサートの135回目。2度の病を乗り越え、武道館のステージに立つことが出来たアグネスは、8000人で埋め尽くされたお客様の声援に万感の思いで応え、アイドル時代のヒットメドレーを始め、全20曲を熱唱しました。
その中でも、「歌で平和を」を心に誓った中国の子供たちとの出会いの歌「帰ってきたツバメ」、2月に視察に訪れたソマリアの子供たちをイメージして作った「ソマリアの小さな祈り」、アグネスのボランティア活動の原点ともいえるエチオピアの子ども達を歌った「Somebody’s Crying」では、客席が息をのむような静寂に包まれ、感動が湧き起こりました。
また「そこには幸せがもう生まれているから」「ピースフルワールド」では、全員が右手で平和の輪を作り、会場全体が一つとなって盛り上がりました。
なお平和コンサートツアーは今後も「ピースフルワールド2010 −生命の輝きをあなたに−」として全国で展開される予定です。


ページトップへ

「アグネス、学園長として姉妹校の入学式に出席」

ニュージーランドのA.I.C高校学園長に就任したアグネスが、4月8日、広島市にある姉妹校のAICJ鴎州学園の入学式に来賓として出席した。
 中学校111人、高校135人の新入生を前に「何でも良いから自分の得意な分野を身につけてほしい」「子どもの一番の仕事は夢を見ることです。大人が思いつかないような大きな夢を見て下さい。君たちの夢を実現するために、私たちは全力でサポートします。ニュージーランド校にも来て下さい」などと祝辞を述べた。その後、新入生に取り囲まれ、生徒代表2人と共に、校内にある原爆慰霊碑に献花。「広島の地で学ぶことは、特別な意味を持ちます。国際平和について、みんなにしか出来ないことが必ずあるはずです」とメッセージを送った。
教育学博士、目白大学客員教授でもあるアグネスは、教育学のノウハウや海外の一流大学への留学経験などをいかし、今後はA.I.C高校ニュージーランド校の学園長として、教育者としての仕事も活発に行っていく。


ページトップへ

アグネス・A.I.C高校ニュージーランド校学園長に就任!!

 アグネス・チャンは4月5日より2年間の任期でニュージーランドにあるA.I.C高校の学園長に就任する(非常勤)。スタンフォード大学から教育学博士号(Ph.D)を授与され、1998年以来、目白大学で客員教授を務め、2005年にはペスタロッチー教育賞を受賞。教育者としても精力的に活動しているアグネスが、学園長という要職につく。

 昨年、同校を訪れ、すでに学生たちと交流しているアグネスは、「日本をはじめアジア各国からの留学生が多く、欧米の有名大学へ進学を目指す学生たちの熱心に勉強している姿に感動しました。アジアの時代の夜明けをむかえた今、より多くの若者を世界のリーダーとして育てていきたい」と抱負を語っている。

 なお、“アグネス学園長”の初仕事は、4月8日に行われる姉妹校A.I.C.J鴎州学園の入学式への出席。歌手として文化人として、いつも全力で活動をつづけているアグネスだが、さらにワールドワイドに活動の場を広げていく。

ページトップへ

<共同通信配信 「アグネスのソマリア報告」 掲載開始>

写真左:ハルゲイサ ステートハウス避難民キャンプ
写真右:ハルゲイサ 総合病院で栄養失調の子を抱くアグネス

 アグネスは日本ユニセフ協会大使として今年2月15日から23日まで、内戦で20年間も無政府状態の続くアフリカ・ソマリアを視察したが、その報告記事が共同通信を通じて配信され、3月17日付の信濃毎日新聞から掲載が開始された。
記事は上中下の3部構成で書かれており、1回目は首都モガディシュから命からがら逃げてきた避難民たちの話を中心に、ソマリア第二の都市ハルゲイサにある避難民キャンプの様子を報告。2回目は避難民キャンプに暮らす、ホーダンちゃん(16歳)の暮らしぶりや、ユニセフが支援する小学校、孤児院、総合病院の中の子どもたちの現状を報告。3回目ではソマリア女性の97%に行われているFGM(世界で最も残酷な習慣といわれる女性器切除)が、子ども達の人権をいかに踏みにじっているかを報告している。なかなかジャーナリストも入ることの出来ないソマリア。アグネスの報告に是非目を通して下さい。


日本ユニセフ協会大使としてアグネスが視察したソマリア北部ハルゲイサの現状報告が、同行メディア等で続々と報告されています。各メディアの担当記者によってそれぞれ視点の違いはありますが、20年以上無政府状態が続き複雑に絡み合ったソマリアの現状、いつ起きるかわからないテロの脅威の中で命がけで働いている国連職員の活動、40パーセント近くが栄養失調で、5人に1人が5歳になる前に命を落とすという子どもたちの過酷な状況などが詳細に報告されています。
アグネス自身もTV、ラジオ、新聞、雑誌など20媒体以上で既に報告を行っています。
以下にメディアリストを掲載しますのでぜひご覧ください。



ページトップへ

「アグネス大学卒業証書授与式と交流会」

 「アグネス大学」は2009年4月から始まった、アグネス初のインターネット動画番組。いつでも誰でも何歳でも、番組を見るだけで入学することが出来、その日からアグネス大学の学生として認められる。また、月に一回、レポートテーマが発表され、年間を通して12回のレポートを提出した学生には卒業資格が与えられるというもの。卒業資格は公的なものではないが、学生たちは思い思いにその目標に向かって真剣に取り組んできた。
 そんなバーチャルな大学開始から一年、まじめにレポートを提出し、卒業資格が得られた第一期生はなんと120名。都内ではアグネス大学卒業証書授与式が実際に行われ、北は秋田、南は北九州からと、全国各地から39名の学生が参加した。

 卒業式は厳粛な雰囲気の中、開始。アグネス学長は母校アメリカ・スタンフォード大学卒業式で教育学博士号を取得した時の正装で登場。
学長式辞では「この一年間大変勉強になりました。誰でもマイペースで学びたい時に学べる空間を作りたかった。学生側が自分の心の中にあるものを気づかせるような授業、きっかけになるような授業が出来れば良いと思っています。皆さんにはここまでやり遂げたという、一生懸命学ぼうとする気持ち、その精神を自分で褒めてほしいと思います。学生諸君よくやりました!おめでとうございます!」と話した。

卒業式では今回参加した卒業生39名には卒業証書と記念品の大学校章の入ったマグカップが手渡され、最後にアグネス大学校歌を全員で大合唱。全員で卒業写真を撮影して終了。学生たちは卒業式の後に開かれた懇親会で普段ネット上では出来ない学生同士の交流を楽しんだ。

アグネス大学卒業式の模様はアグネス大学で3月30日から放送される。


【関連URL】
http://agnes-daigaku.com/
ページトップへ

ソマリア写真

写真左:ハルゲイサ市内のユニセフが支援する孤児院の子どもたちと
写真右:ソマリア女性の97%がFGMの犠牲となっている

ページトップへ

アグネス・チャン武道館コンサートのお知らせ

アグネス・チャンが32年ぶりに武道館コンサート!!!

約2年をかけて行ってきた、アグネス・チャン全国コンサートツアー
「世界へとどけ平和への歌声」は昨年末までに133カ所を越え、20万人以上の観客を動員してきました。
会場は全国どこもお客さんであふれかえり、立ち見が出ることも!アグネスの歌と話に皆で泣いて笑って、全員が一体となり感動の渦が巻き起こっています。
「今日は本当に来てよかった!」という生の声もたくさん頂いています。

40年の「歌で平和を」の活動が評価されて第50回日本レコード大賞の特別賞を受賞したアグネス。歌手としての集大成となる、日本武道館コンサートが遂に3月16日行われます!!!

ゲストにはなんと鈴木慶一さん率いるムーン・ライダーズ、布施明さん、韓国からはZEROさん、そして久本雅美さん、カナダのユニセフ協会大使でピアニストのスティーブ・バラカットさんという超豪華な皆さんです!!

日本中からアグネスファンはもちろんの事、全員集合!!!
みんな集まれーーーーーっ!!
泣いて、笑って、最高の2時間を一緒に過ごしましょう!

もちろんお友達ご家族、お誘い合わせの上、是非会場にお越し下さい!

<コンサート詳細>
タイトル:「世界へとどけ平和への歌声 アグネス・
チャン in 武道館 ピースフルワールド2010」
日時: 2010年3月16日(火)
開場: 17:30
開演: 18:30
会場: 日本武道館


チケット発売日: 12月18日(金) ぴあ、ローソン、e+、CN
入場料金: S6800円 A5800円 B4800円
お問い合わせ:MIN-ONインフォメーションセンター
       03ー3226ー9999





ページトップへ

ソマリア帰国報告記者会見

2月25日(木)

 23日、ソマリアから元気に帰国した日本ユニセフ協会大使のアグネス•チャンが、高輪のユニセフハウスにて「ソマリア帰国報告記者会見」を開いた。

 15日から23日までソマリア北西部にある、第2の都市ハルゲイサの避難民キャンプや孤児院等を訪れ、現地の人々と交流。

ソマリアにはソマリランドのほか、東部に「プントランド」と呼ばれる自治政府が存在するが、どちらも国際的には認められていない。
ソマリア南部にある首都・モガディシュでは、暫定政府=TGFと反政府武装勢力=アル・シャバーブが対立し、今でも激しい内戦が続いている。

この影響で5歳未満の児童の5人に1人が死亡するといわれる。
どうしたら、一人でも多くの子供が生きていけるのか?
出会った人々の話を交え、ソマリアの悲惨な現状を涙ながらに訴えた。

ハルゲイサの避難民キャンプに逃れてきた人々は、「現在、エチオピア軍やアフリカ連合軍、イスラム過激派など内戦に関わっている部隊が多過ぎて、誰が誰と戦っているのかわからないぐらい内戦が激化している」と話す。

アグネスは「戦争は人々の命だけではなく夢や希望、生活そのものを奪ってしまうと思った」「ソマリアの情勢が落ち着くのを待つのはやめよう。安定しなくても援助する。命懸けで活動している人々を支援したい、戦争にひざまずくことのない女性たちを応援したい」と話した。


ページトップへ

無政府状態のソマリアへ 今日出発!!

2月15日(月)

アグネス・チャンは日本ユニセフ協会大使として今日15日、無政府状態の紛争国、アフリカのソマリアを視察する為に羽田空港を出発した。

今回は「無政府状態の中の社会作り」、「女子教育」、「女性差別に立ち向かう人々」といった事にポイントを置いて視察する。

ソマリアは20年以上続く紛争や干ばつによって現在も150万人以上の国難避難民を抱え、360万人以上が人道的な緊急事態の中にいると報告されている。

2月17日には国連機にてソマリア入り。
22日までソマリア避難民キャンプを中心に視察。装甲車で移動。
23日帰国し、25日には帰国報告会をユニセフハウスで行う予定。


ページトップへ
Copyright (C) AGNES CHAN. All Rights Reserved.